ギャザリングって?

ギャザリングの魅力

プランツギャザリングとは

プランツ・ギャザリングは、根っこのついた花やグリーンをやさしく丁寧に組み合わせて「小さな花束」(ユニット)を作り、器に植え込む新しい技法で、"寄せ植えギャザリング"、"花ギャザリング"とも いわれています。
できあがった瞬間から豪華で華やかで美しく、フラワーアレンジのような寄せ植えが完成されます。
しかしプランツギャザリングは、フラワーアレンジメントとは違い、2~3ヶ月、季節や使う植物によっては それ以上の期間、美しさが続きます。
このプランツ・ギャザリングは、2000年ごろ、愛知県の青木英郎氏によって考えられた日本発の園芸技術です。
考案者の名前で「あおき式ギャザリング寄せ植え」ともいいます。

今現在、プランツギャザリングは、まだ進化の途中にあります。
全国のギャザリストたちが共鳴し、刺激しあい、より美しく・より素敵なものを求めて、日々、試行錯誤しています。

ギャザリストとは

青木英郎氏または、本部認定講師のディプロマレッスンを1年以上受講し、卒業試験を受け合格し技術習得証書を取得した者のみに与えられる資格称号です
当店マスダグリーン では

  • 増田弘美「認定番号 18-0142」
  • 増田和彦「認定番号 19-0003」
の2名が有資格者です。 

ギャザリングのよさ

  1. 根鉢を崩して小さな花束(ユニット)にして植えるので鉢に対してたくさんの苗を植えることができる
  2. 初めから植物を交わらせて植えることができるのでより繊細な表現ができデザインの幅が無限
  3. 植え込んだ時からもこもこでまるでフラワーアレンジメントのよう
  4. 植えた時から美しく、その後もゆっくり成長し数ヶ月間美しさを保つ

当店で寄せ植え作成教室を開催しております。 
直接お問合せ下さい。

TEL:054-638-4188
mail:mailto:masudagreen@tokai.or.jp

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ